◆トップアスリートも実感!

トップアスリートも実感する疲労回復効果。
 

 

「ホットタブ」が、湘南ベルマーレのJ1昇格をサポート

一日の疲れをその日のうちにリセットすることはとても大切。

でも、意外と難しいことでもあります。

疲労回復の決め手は、リラックスすること。

「ホットタブ」を使えば、41度以下のお風呂にゆったりつかるだけで、副交感神経にスイッチが入って体のすみずみまで血流が行き届き、老廃物が浄化されて疲労を回復します。

「ホットタブ」の疲労回復効果はトップアスリートも認めるところ。

Jリーグのサッカーチーム・湘南ベルマーレは、2014年に全選手が「ホットタブ」の使用を開始。

その年、前年のJ2降格から38勝8分3敗という圧倒的強さでV字回復を達成!

首位に立ち、J1昇格を果たしました。

 

医学博士が驚いた!。
 


初めて「ホットタブ」のお風呂に入ったとき、その効果にビックリしました。

体がポカポカあたたまり、疲れが取れて、お風呂から出た後も湯冷めしない。

まるで温泉に入ったような感覚で、しかも温泉に行くより手軽なんです。

私が指導している多くのアスリートも「ホットタブ」を使っています。

 

医学博士 末武信宏 先生。
 

トップアスリート株式会社 代表取締役。

さかえクリニック院長。

研究テーマは自律神経。

数多くの一流アスリートのトレーナーを務める