◆入浴温度は何度が良いの?

入浴温度は何度がよいのか?
 

血流や体温は自律神経がコントロールしています。

ストレスを感じると交感神経は緊張し、血管が閉じ、血圧が上がって血流は下がり、血液はドロっと流れにくくなります。

一方、リラックス時は副交感神経が優位になり、血管を緩めて血流を高め、血液サラサラ、疲労を回復します。

重炭酸泉入浴は、入浴温度が41度以下の場合に、副交感神経が優位となり、血流が上がります。

熱いお風呂につかり、短期間で温まろうとする人がいますが、熱すぎるお風呂は逆効果。

42度以上の熱いお湯では血圧にも心臓にも負担がかかる入浴となり、お風呂から出たら、かえって冷えてしまうのです。

年間14,000人もの死亡事故の原因となっている危険な入浴です。

お風呂は必ず41度以下で。

夏は39度、冬は41度程度で入ることが重要です。

炭酸泉は重炭酸イオンが血管を開き、血流を上げて体が温まるのが特徴ですから、ぬるま湯でもしっかり血流が上がり、体温が上がります。

 

出展: 医学博士 浦川豊彦著「炭酸泉は未来を描く」より

 

《42度以上は副交感神経緊張、血圧負荷高く危険》
 
炭酸泉でぬるめで15分以上が健康入浴・血流アップ

 
nyuuyokuonndo