◆入浴とシャワーの違い

◆入浴の効果を白血球の違いで調査したデータ
 

湯船にゆったり浸かるのと、シャワーをさっと浴びて出る。

その結果、免疫性に差が出るか?が調査内容です。

日ポリ化工の本社従業員の中から、年齢は20歳から40歳の若者を18名ずつ湯船入浴派とシャワー入浴派にそれぞれ分けて、

白血球中のリンパ球と顆粒球の数を毎日測定し、その平均実数を測ったものです。

※リンパ球・・・・体を細菌などの外敵から守る免疫システムの一部

※顆粒球 ・・・・多すぎると体温も免疫力も低下する
 

 
                    リンパ球                                          顆粒球                   
入浴                                             2248 /μL                              4176 /μL
シャワー                                       1901 /μL                              5037 /μL
 

 

圧倒的に湯船派にリンパ球が多く、顆粒球が少ない結果となり、湯船に浸かる方が免疫性がはるかに高いと言う結果が得られました。

ゆったり湯船に浸かるのがどんなに体に良いか分かったそうです。

これは湯船だけで炭酸泉ではありません。

それでもこれだけ大きな効果があります。

炭酸泉の湯船にぬるめでゆっくりつかれば、リンパ球はさらに多くなり、様々な病気を予防となるでしょう。

毎日の炭酸風呂入浴が血流を思い切りあげてくれます。

そして、高血圧を下げてくれるのです。

体温を上げればリンパ球が思い切り増え、このリンパ球が全身の体の具合をくまなく監視してくれます。

その結果、病気の種があれば修復し、ウイルスがいれば退治してくれます。