◆よくあるご質問

【使用方法】
 

1.  化粧料、薬用やアスリートRLX、更にグルーミングタブなど、体の温まりや性能に違いがあるのですか

 

2.  ホットタブはどのように使うのですか

 

3.  シャワーではどのように使うのでしょうか

 

4.  シャワーによる短時間の部分浴でも「血行を良くしシャワーによる短時間の部体を温める」とありますが、どのくらいの効果がありますか

 

5.  ホットタブで頭皮や髪の毛がすべすべになるのはなぜですか

 

6.  美容院を経営しています。ホットタブでヘッドスパやシャンプーする場合の仕方を教えてください。シャンプー・リンス・コンディショナーをどこで使い、重炭酸タブレットはどの部分で使えば一番よいシャンプーができますか

 

7.  残り湯は洗濯に使えますか

 

8.  残り湯はペットの洗浄などに使えますか

 

9.  ワンちゃんがホットタブ入りのお湯を飲んでしまいましたが大丈夫でしょうか

 

10.  お風呂の入り方、最適温度と時間はありますか

 

11. 15〜20分の入浴がおすすめとありますが、これは出たり入ったりした場合の「入ってる」時間なのか、連続入浴時間の事なのか教えてください

 

12. 石けんもボディシャンプーも不要とありますが、逆に普段通り石けんやボディシャンプーを使うことにより、不具合が起きませんか(体の表面がキレイになりすぎて『無防備状態』になるとか・・・)

 

13. 普通の入浴より汚れが取れるということですが、「昨日の汚れ」がまだ残っている残り湯に翌日も「追い焚き」して入るのは、「汚れたお風呂」に入ることにはならないでしょうか

 

14. 毎日石鹸で洗っていても角質は残っていますか

 

15. 髪の毛がふさふさ、つるつるにイキイキするのはなぜですか。お肌がつるつるするのはなぜですか

 

16. ミネラル皮脂汚れとは何ですか

 

17. コンディショナーやリンスを使わなくてもいいのですか

 

18. ホットタブはヘッドスパでどのような効果があるのですか

 

19. いつも重炭酸湯を使って体は良く暖まるのですが、アトピー体質のため、寒くなって来てから、入浴後にとてもかゆみが強くなります。 他のアトピー用に保湿成分が含まれている入浴剤との併用は出来ますか

 

20. ホットタブと一緒に、市販の入浴剤は入れないほうが良いと聞きましたが何故ですか。
また、天然100%のエッセンシャルオイル(精油)を天然塩と混ぜて手づくりした入浴剤と併用しても問題はないでしょうか。成分的には問題ないどころか、リラックス効果など相乗効果も期待できると思うのですが、いかがでしょうか

 

21. いつもカラスの行水で、43度位のお湯に5分と浸かっていない方にはシャワーの方がお勧めですか

 

22. 入浴後、体が温まりすぎて暑くて眠れなかった方がいます。 入浴後、1時間は経過してから床についたそうですが、そのような方は、入浴時間を短くしても効果はありますか

 
 
【重炭酸の疑問】
 

1. 普通のお湯と炭酸泉の違いって何ですか

 

2. 炭酸ガスと重炭酸イオンは何が違うのでしょうか。ホットタブには炭酸ガスは十分な濃度があるのでしょうか

 

3. 炭酸ガスは炭酸飲料の炭酸のように空気中に抜けてなくならないのですか

 

4. 炭酸泉は肌にびっしり炭酸ガスの泡が付かないと効果がないと聞きましたがほんとうですか

 

5. 近所の銭湯にも炭酸泉があるのですが、人工炭酸泉は重炭酸泉と効果は似ていますか

 

6. 重曹とクエン酸を買ってきて粉のままホットタブと同じようなpHにして入浴剤としても身体は全く温まらないし、お肌や髪の毛もツルツルにならないのはなぜですか

 

7. ホットタブは砕いて細かくしても効果がありますか

 

8. ホットタブを入れると、お湯がとても柔らかくなりますがどうしてですか

 

【風呂釜への影響など】
 

1. 浴槽を傷めることはないですか

 

2. お風呂がピカピカになり、水をかけるだけできれいになるのはなぜですか

 

3. 「全自動給湯器、24時間風呂には使用できない場合があります」と書いてありますが、なぜですか

 

4. 「一般の入浴剤と同様に熱交換器を傷める場合もございます」ともありますが、なぜですか

 

5. お風呂の残り湯を洗濯に再利用していますが、「洗いだけ」とか「すすぎもOK」など注意点はありますか

 

6. お風呂の残り湯を植物の水やりにも使えますか

 

【成分について】
 

2. ポリエチレングリコールとは何の成分でしょうか。界面活性剤でしょうか

 

1. 多くの入浴剤は目に入ったらしみる、よく洗うようにと注意されていますが、ホットタブは大丈夫ですか

 

3. 多くの入浴剤が癒しのため香りや色がついています。ホットタブは無色無臭ですが、なぜ香りや色をつけないのでしょうか


【その他】
 

1. ご利用されるお客様のほとんどの方がご高齢で病気がある方も多いのですが、使用できない方はいますか。それは、どのような方ですか

 




 

【使用方法】


 

1 化粧料、薬用やアスリートRLX、更にグルーミングタブなど、体の温まりや性能に違いがあるのですか
 

化粧料入浴剤と薬用入浴剤は法律上の規制が異なり 配合できる成分、広告で表現できる効能効果に差があり、それにともない製造管理上も、全く別の商品として製造されている製品です。

薬機法(旧・薬事法)では、薬用入浴剤は、「疲労回復、冷え性、リウマチ、神経痛、肩こり、ニキビ、痔など」の効果が認められています。

化粧料入浴剤では、「肌の潤い維持、キメ、ハリの維持など」の効果が認められています。
ちなみに、グルーミングタブは、ペット用の洗浄入浴剤なので、薬機法上、人の化粧料にはあたりませんので、「ペットの洗浄・入浴による、毛並みの手入れ、汚れ落とし」がその用途となります。

これらの商品の主要成分はほぼ同一ですが、滑沢剤など、製造工程上必要な一部の微量成分<工程成分>が法規制により違います。これにより、錠剤の硬度や中和反応にわずかな差が現れますので、薬用も化粧料も入浴に使用した場合は、温浴効果により血流量がアップし、同等の効果を発揮します。

また、「薬用ホットタブ重炭酸湯」と「アスリートRLX」の場合でも、成分はほぼ同じですが、「アスリートRLX」は冷水でも溶けやすくするため、錠剤の製造硬度がやや柔らかくなっており、それが重炭酸イオンの残存濃度に影響し、温まり度の差となって生まれます。

 ホットタブ商品は、目的別に効果が異なるよう設計されているということで、使い方で、少しずつ差ができるとお考えください。

どのホットタブを選んでいただいてもご満足できる効果を発揮し、信頼を裏切ることはございません。
 

「各商品の違いとは」でもご説明しております。ご参照ください。



 

2 ホットタブはどのように使うのですか
 

ホットタブは、入浴、洗顔、洗髪に使え、シャワーでも使えることができ、例え目に入ってもしみることなく、安全で健康にもお肌にも髪の毛にも良い、世界で初めての入浴用錠剤です。 普通のご家庭用お風呂に5錠、足湯に1錠、洗顔用洗面器に1錠、目安として40リッターのお湯に1錠を溶かして使用いただきます。(普通の浴槽は約200リッター程度です)


 

3 シャワーではどのように使うのでしょうか
 

弊社で販売している専用シャワーヘッド(重炭酸イオンシャワー・重炭酸スパークリングシャワー)をお使いいただくと、快適にご利用いただけます。専用シャワーヘッドは薬用ホットタブ重炭酸湯をはじめ、弊社の炭酸泉タブレットは全てお使いいただけます。専用タブレットホルダーに錠剤を1錠入れて、毎分8リットルの吐出量でお使いください。錠剤が溶け切るまで(約6〜7分)頭からかぶってご使用いただけます。お湯の温度は38℃から41℃程度でのご使用をお勧めします。シャワーでお使いになる際は、1回で錠剤を使い切るようにしてください。残った錠剤は溶け続けますので時間をおいて使うことはできません。また先端がねじ式で開閉できる市販のシャワーヘッドをお持ちの場合も1錠入れてお使いください。市販のシャワーヘッドの場合は4、5分で溶解してしまいます。


 

4 シャワーによる短時間の部分浴でも「血行を良くし体を温める」とありますが、どのくらいの効果がありますか
 

重炭酸浴の特徴は、炭酸ガス入浴剤とは違います。肌から体内に重炭酸イオンが吸収されると、体内センサーがこれを異物だと感知し、血管内壁に体内ニトロ(一酸化窒素という血管拡張物質)を分泌します。これによって血流を上げ、酸素を取り込むことで重炭酸イオンを炭酸ガスとして排出しよう、という自然の力を利用したものです。医学的には重炭酸バッファーと呼ばれる血液のpHを一定に保つための生体恒常反応です。
同じ時間、同じ濃度の重炭酸イオンを肌が浴びれば同じ効果を発揮することになります。


 

5 ホットタブで頭皮や髪の毛がすべすべになるのはなぜですか
 

ホットタブで髪や頭皮を洗う場合、シャンプーは不要です。重炭酸イオンとクエン酸、水素イオンによって高められた温浴効果によって毛根の毛穴スポットが自動的に開き、毛根に詰まった頑固なシリコン汚れやミネラル汚れを洗浄することができます。また髪にコシを与えます。お肌や頭皮の必要な脂を取らずに保湿性を保ち、汚れだけを取って頭皮や髪を痛めずやさしくケアいたします。お肌や髪を傷める化学洗剤は不要です。リンスも基本的に不要ですが、髪の長い方や気になる方は毛先のみリンスで仕上げてください。リンスの洗い残しや頭皮に直接リンスがかかると汚れの元となり、ニオイの原因にもなります。


 

6 美容院を経営しています。ホットタブでヘッドスパやシャンプーする場合の仕方を教えてください。シャンプー・リンス・コンディショナーをどこで使い、重炭酸タブレットはどの部分で使えば一番よいシャンプーができますか。
 

この商品を使ったお肌や髪の毛の洗浄には、石鹸・シャンプー・リンス・コンディショナーの多くは一切不要です。使わないほうが良い理由は沢山ありますが、これら化粧品や石鹸、シャンプーには化学洗剤の成分である界面活性剤や殺菌剤などが沢山入っています。そうした化学物質が皮膚を通して経皮吸収されると一瞬に交感神経を優位にし、血管を収縮させ、血流を止めて低体温の元となります。髪もお肌も健康の秘訣は血流の高さですからマイナスとなります。また化学洗剤による洗浄では、お肌やケラチン表面の大切な皮脂バリアや免疫バリアを破壊してしまい、この化学物質の経皮吸収をさらに高め、加えて免疫バリアの定在菌を殺菌してしまいますから、お肌や髪のケラチン表面を荒らしてしまい、フケや抜け毛の原因を作っています。化学洗剤ではお肌や髪のバリアを取って表面を荒らすだけで、ニオイや黒ずみの元になるミネラル汚れは取れていません。そのため、毎朝シャンプーしても、ニオイの元になるミネラル汚れは洗剤では落とせない性質を持っているため、酸化して夕方には臭ってしまうのです。

このため近年、街の美・理容院では、自然シャンプーみたいなものをお勧めになっていると思いますが、それでも化学薬品が主成分であることには変わりはありません。そのため、ホットタブでの洗浄時は、長い髪のまとまりをつけるためのリンス程度しかお勧めしません。それも毛先に少量だけつけ、基本的にはリンスもつけないほうが髪にはいいと考えています。

シャンプー・リンス・コンディショナーを使わないやり方として、まず、ボウルのお湯40リッター程度に1錠くらいの濃度となるようお使いください。もちろん濃く溶かして小分けしてお使いになっても原液は何日でも使用可能です。髪の毛をこすらずゆっくりと流しかけるだけでケラチン表面の、ニオイの元になる毛穴の汚れや頭皮の汚れ、髪の毛の表面のミネラル汚れをきれいに洗い流してくれます。これによって頭皮の毛穴もすっきりし、血流も上がり、髪がイキイキ生き返るように元気を取り戻します。

業務用のシャワーヘッドをお使いの場合、シャワーヘッドにタブレットを1錠セットした後、髪の毛に流しかけます。途中からボウルに貯めたお湯もゆっくりと再度髪にかけ流します。こすらなくても自然洗浄力で落ちてしまいますので、ゆっくりと流して差し上げる程度で十分です。

重炭酸イオン洗浄だけで抜け毛もフケも解消でき、髪の毛も再生することを、まずはご自身でお確かめください。2〜3度、お試しになれば実感されると思いますし、特に髪の長い女性の場合は、初めてでもドライヤーをかけるときに髪の毛の勢いが違うのがわかると思います。

そういった理由から、どこで使えばよいなどの検証はしておりません。
どうしても業務上シャンプー・リンス・コンディショナーを使いたいのであれば、使っていただいても問題はありません。

ただし、ホットタブの良さはそれらを使わないときに最大に発揮されることをご理解ください。


 

7 残り湯は洗濯に使えますか
 

残り湯は洗濯に問題なくお使いいただけますが、すすぎ洗いは清水がよろしいかと思います。


 

8 残り湯はペットの洗浄などに使えますか
 

残り湯はペットの洗浄に最適です。新しいお湯で洗浄されるときは40リッターくらいのお湯に1錠を溶かしてタライのようなものでペットを洗ってあげてください、ペットのコートは最高の状態に仕上げられます。また、毎日のお手入れはホットタブを溶かしたお湯につけたタオルを固く絞り、湯ぶきすることで、被毛のコートを維持し、つややかな毛並みが続きます。


 

9 ワンちゃんがホットタブ入りのお湯を飲んでしまいましたが大丈夫でしょうか。
 

問題ありません、好んで飲む場合もありますが、心配ありません。


 

10 お風呂の入り方、最適温度と時間はありますか。
 

お風呂は、夏は34から38℃、冬は39から41℃程度のぬるめの湯に10分から15分以上できるだけ長めに入浴してください(大分の自然炭酸泉の名湯「長湯温泉」の名前は『炭酸泉はぬるめで長湯が最高』から命名されました)。42℃以上の入浴、特に熱めのお湯にカラスの行水では、免疫性の面からおすすめできない入浴法だと言われています。


 

11 15〜20分の入浴がおすすめとありますが、これは出たり入ったりした場合の「入ってる」時間なのか、連続入浴時間の事なのか教えてください。
 

浸かりっぱなしでも出たり入ったりでも結構です。浸かっている時間の合計は15分以上がおすすめです。全身浴でも半身浴でも足湯でも結構です。全身ゆったり浸かり長湯が最高です


 

12 石けんもボディシャンプーも不要とありますが、逆に普段通り石けんやボディシャンプーを使うことにより、不具合が起きませんか(体の表面がキレイになりすぎて『無防備状態』になるとか・・・)
 

もちろん石けんをお使いいただいても問題はありませんが、石けんや洗剤は肌の保水層を取ってしまい、肌が荒れる原因にもなります。ホットタブのお湯は40分ご入浴いただいても脂や保湿成分は保ったまま、脂汚れとミネラル汚れだけを除去しますから、湯上りでも化粧水なしで「しっとり感」を感じるとの声を多数いただいております。(女性ユーザーの声)


 

13 普通の入浴より汚れが取れるということですが、「昨日の汚れ」がまだ残っている残り湯に翌日も「追い焚き」して入るのは、「汚れたお風呂」に入ることにはならないでしょうか
 

ホットタブを使い始めのお風呂は、これまで残っていた角質が一気に取れるため、お湯は汚れます。家族が多い場合では、使い始めのお風呂はドロドロという表現されるくらい汚れる場合もあります。それほど自然洗浄力が高いのですが、数日から1週間くらいで全く汚れなくなります。翌日も入れるかどうかはお湯の汚れ状態を見てご判断ください。


 

14 毎日石鹸で洗っていても角質は残っていますか
 

はい、ホットタブは、重曹とクエン酸の力で不必要な古い角質を取り除きます。普通の石鹸では脂汚れしか落ちず、本来の汚れである細胞の垢や古い角質などは取れていませんでした。人間の体は3ヶ月で骨以外は入れ替わり、毎日たくさんの古い組織がお肌表面から古い角質として出ると言われています。


 

15 髪の毛がふさふさ、つるつるにイキイキするのはなぜですか。お肌がつるつるするのはなぜですか
 

毛根の汚れやケラチン表面のミネラル汚れ、古い組織は綺麗に洗い流されますが、保湿成分は残ります。組織の表面がマイナスイオンで綺麗になり、つるつるになります。温浴効果と清浄効果を高める重炭酸イオンと水素イオンによりボリューム感とコシが出ますし、肌もいきいきとします。


 

16 ミネラル皮脂汚れとは何ですか。
 

髪の毛はミネラルの排出器官と言われています。体や髪の毛のにおいの原因は、髪の毛や体毛から出たミネラルに脂が付いて、この脂が腐って匂いを発することにあります。このミネラル汚れは今までどんな化学洗剤でもシャンプーでも洗浄することは困難でした。ホットタブは毛根からミネラル汚れを清浄します。


 

17 コンディショナーやリンスを使わなくてもいいのですか。
 

界面活性剤、帯電防止剤など様々な化学物質が入ったコンディショナーやリンスを使わなくても、重炭酸イオンは髪の毛のケラチンを元の素の状態に戻してくれます。髪の長い方や気になる方は、最後に軽くリンスで仕上げるだけで十分です。(リンスの洗い残しは汚れの元になりますので、地肌にはつかないように毛先だけにご使用ください)


 

18 ホットタブはヘッドスパでどのような効果があるのですか。
 

ホットタブなら、髪を染めた後に頭皮ケアしても髪や頭皮を傷めません。ホットタブをシャワーヘッドに入れてマッサージしながらやさしく洗浄してしてください。シャワーを使わずお湯に溶かして使用する場合は、シャンプーボウルに1錠入れてお湯を作り、洗髪・マッサージしてください。


 

19 いつも重炭酸湯を使って体は良く暖まるのですが、アトピー体質のため、寒くなって来てから、入浴後にとてもかゆみが強くなります。 他のアトピー用に保湿成分が含まれている入浴剤との併用は出来ますか?
 

他の入浴剤との併用はお避けください。ホットタブシリーズは「重曹」と「クエン酸」が主成分の入浴剤です。タブレットの働きでお湯のpHを中性にして、発生した重炭酸イオンによって血流を増進させながら体を温めます。お湯が中性になり、さらに38~41℃の低温でご入浴いただくことで、お肌の弱い方や乾燥肌の方も安心してご入浴いただけます。
※入浴剤が溶け込んだお湯は中性になり肌あたりが柔らかくなります


 

20 ホットタブと一緒に、市販の入浴剤は入れないほうが良いと聞きましたが何故ですか。
また、天然100%のエッセンシャルオイル(精油)を天然塩と混ぜて手づくりした入浴剤と併用しても問題はないでしょうか。成分的には問題ないどころか、リラックス効果など相乗効果も期待できると思うのですが、いかがでしょうか
 

市販の入浴剤はpHが酸性であったり、着色料・香料・その他を添加していますので、効果が半減どころか全く効果を失ってしまうことがあります。絶対に併用は避けてください。
色やにおいは免疫性に影響しますので、アロマなどもできるだけナチュラルなものに限定してお使いください。



 

21 いつもカラスの行水で、43度位のお湯に5分と浸かっていない方にはシャワーの方がお勧めですか
 

42℃以上の高温入浴は体に負荷をかけるだけではなく、短時間では十分に温まることはできず、リラックスすることもできません。そのため、シャワーよりはできるだけ41℃未満のぬるいお湯でゆったりとした長時間温浴をお勧めします。
また、夏がチャンスです。猛暑の時期はむしろ水風呂、もしくは微温浴で34℃から38℃のぬるい湯に10分、15分と浸かってみてください。


 

22 入浴後、体が温まりすぎて暑くて眠れなかった方がいます。
入浴後、1時間は経過してから床についたそうですが、そのような方は、入浴時間を短くしても効果はありますか
 

そうした方は、入浴時間を短くするよりも、微温浴や不感入浴といわれる体温程度のぬるめのお湯に15分以上浸かってみることをお試しください。

 




【風呂窯への影響など】


 

1 普通のお湯と炭酸泉の違いって何ですか。
 

お湯に炭酸ガス(CO2)が溶け込んでいるものを総称して炭酸泉とよびます。


 

2 炭酸ガスと重炭酸イオンは何が違うのでしょうか。ホットタブには炭酸ガスは十分な濃度があるのでしょうか
 

ホットタブには炭酸ガスはほとんど存在しません。発生した炭酸ガスは湯中で直ちに重炭酸イオンに変化して溶解します。ホットタブは炭酸泉のように酸性ではなく血液と同じ中性pHです。炭酸ガスの濃度より大切なことは水に溶けやすい重炭酸イオンです。


 

3 炭酸ガスは炭酸飲料の炭酸のように空気中に抜けてなくならないのですか
 

炭酸ガスは、お湯には1リッターあたり、1.05グラム(1050ppm)しか溶解しません。溶解しても酸性ですから、炭酸飲料と同様に10分程度で空気中にどんどん逃げてしまいます。市販の酸性炭酸入浴剤は、泡が消えれば効果はなくなります。


 

4 炭酸泉は肌にびっしり炭酸ガスの泡が付かないと効果がないと聞きましたがほんとうですか

肌に泡がつくのは、すでにこれ以上は溶けないという過飽和の状態です。過飽和に炭酸ガスを溶かしても酸性ですので重炭酸イオンには変化せず効果は出ませんでした。



 

5 近所の銭湯にも炭酸泉があるのですが、人工炭酸泉は重炭酸泉と効果は似ていますか
 

日本には天然の炭酸泉の湧いている場所が少なく、3か所しかないため炭酸温泉に入る機会がありません。そのため人工的に炭酸泉を作りだそうと大型で高価な炭酸泉発生装置が開発されました。 銭湯などで炭酸泉と謳われているその多くは、この人工炭酸泉発生装置を利用したものです。炭酸ガスは酸性で、空気中に飛びやすく、重炭酸イオンに簡単に変化しません。


 

6 重曹とクエン酸を買ってきて粉のままホットタブと同じようなpHにして入浴剤としても身体は全く温まらないし、お肌や髪の毛もツルツルにならないのはなぜですか
 

重曹とクエン酸を粉のまま溶かしても、お湯の表面でさっと溶けて泡が出て空気中に出てしまい、それで終わりです。自然炭酸泉と同じように地下1000mもの高圧下でじっくり炭酸ガスが溶け出す状況を、ホットタブでは超高硬度の錠剤技術を使って溶けきるまで底に沈ませ、じっくり継続的にミクロの炭酸ガスを発生させます。重曹とクエン酸が科学的に計算された添加量のため、発生した炭酸ガスは直ちに中和されて活性重炭酸イオンと水素イオンに変化します。いったん炭酸ガスが出て、中和され重炭酸イオンに変化しなければ効果は発揮されません、炭酸ガスが重炭酸イオンになる際にクエン酸が存在し、効果を増してくれます。


 

7 ホットタブは砕いて細かくしても効果がありますか
 

いいえ、硬い超高硬度の錠剤であるために効果が高く、細かく砕いては効果がありません。硬い錠剤であるため、ミクロの炭酸ガスを発泡し、液中に出た炭酸の泡が空気中に逃げることなく重炭酸イオンに変化し、水に溶けて有効成分として働きます。


 

8 ホットタブは、お湯がとても柔らかくなりますがどうしてですか。
 

炭酸ガスが溶け出して重炭酸イオンになる瞬間に水素イオンが放出されます。水素の還元性で中和されることによりカルキが消えてゆきます。カルキが消え、さらにお湯のpHが中性になるため、お湯が柔らかく感じるのです。




【風呂窯への影響など】


 

1 浴槽を傷めることはないですか
 

浴槽を傷める作用はございません。本品は中性で他の市販の硫黄系やソルト系入浴剤とは異なり、腐食性もなく浴槽を傷める心配はありません。ただし、一般の入浴剤と同様に熱交換器等を傷める場合もございます。ご使用機器の説明書でご確認いただくか、各機器メーカーにお問い合わせのうえ、ご利用ください。


 

2 お風呂がピカピカになり、水をかけるだけできれいになるのはなぜですか
 

ホットタブは、肌や髪のミネラル汚れに対する洗浄力があります。水の中のマグネシウムやカルシウムなどのミネラル汚れを取り除くのでお風呂汚れもお肌や髪と同じ理由できれいになります。


 

3 「全自動給湯器、24時間風呂には使用できない場合があります」と書いてありますが、なぜですか。
 

本製品は、中性で腐食性の成分は一切含んでおりません。また、イオウなど酸性物質は含みませんから安全です。5年間一切クレームや事故もございません。しかし、個々のご家庭の機器の状況は確認できませんので、風呂釜等の安全性については一切保証しておりません。ご使用の際は、あくまでも自己責任でお使いください。





 

3 「一般の入浴剤と同様に熱交換器を傷める場合もございます」ともありますが、なぜですか。
 

本製品は、中性で腐食性の成分は一切含んでおりません。また、イオウなど酸性物質は含みませんから安全です。5年間一切クレームや事故もございません。しかし、個々のご家庭の機器の状況は確認できませんので、風呂釜等の安全性については一切保証しておりません。ご使用の際は、あくまでも自己責任でお使いください。



 

4 お風呂の残り湯を洗濯に再利用していますが、「洗いだけ」とか「すすぎもOK」など注意点はありますか
 

洗濯にはお使いになれますが、すすぎ洗いには清水をお使いいただく事をおすすめいたします。


 

5 お風呂の残り湯を植物の水やりにも使えますか。
 

残り湯には無機塩類が含まれていますので、植物の水やりには使わないでください。

 




【成分について】


 

1 ポリエチレングリコールとは何の成分でしょうか。界面活性剤でしょうか。
 

ポリエチレングリコール6000〔PEG6000〕は錠剤の成形上必要な微量成分です。中性の高分子化合物で体への安全性が極めて高い、市販の多くの入浴剤に使われている長い歴史をもつ化合物です。安心してご入浴ください。


 

2 多くの入浴剤は目に入ったらしみる、よく洗うようにと注意されていますが、ホットタブは大丈夫ですか。
 

ホットタブは、高級食品グレードの重曹とクエン酸と安全なPEG6000とまたはカプリリルスルホン酸Na)で構成されており、頭からかぶっても目に入っても問題ありません。幼児や赤ちゃんが入浴しても安全です。


 

3 多くの入浴剤が癒しのため香りや色がついています。ホットタブは無色無臭ですが、なぜ香りや色をつけないのでしょうか。
 

大人の好きな興奮的な香りは赤ちゃんや幼児にお勧めしていません。また、合成着色成分も肌への刺激があると言われていることから使用しておりません。そのため赤ちゃんが一緒に入浴しても安心な入浴剤として皆様から喜ばれております。

 




【その他】


 

1 ご利用されるお客様のほとんどの方がご高齢で病気がある方も多いのですが、使用できない方はいますか。それは、どのような方ですか。
 

医師に入浴を止められている方は使用できません。それ以外のご高齢の方であっても、必ず医師にご相談の上、ご病気に問題ないという確認をお取りください。
なお、ご健康な方でも高温での入浴はお薦めできません。必ず41℃以下での入浴をお薦めしています。炭酸泉は心臓の湯とも呼ばれ、ドイツではあらゆる病気の治療に健康保険が使えて利用されています。体温程度の微温浴であれば病気の療養には最適かと思います。低温入浴ほど血流アップ効果が得られるのが炭酸泉入浴の特徴です。血流が上がり細胞の隅々まで栄養と酸素が行き届くのは病気療養にとって、とても良いことと思います。