◆重炭酸タブレット

国土の全域で豊かな炭酸泉が湧出するドイツでは“バーデンバーデン”に代表されるスパ・リゾートや

医療保険の適用を受けた療養施設が伸展し、メディカル・ツーリズムの関心とともに世界中の人々が炭酸泉浴を堪能しています。

 

 

日本でも古くから『湯治』として天然炭酸泉が親しまれてきましたが、年々源泉の枯渇化が進み、

現在では大分県の長湯温泉、長野県の稲子湯温泉、山形県の泡の湯温泉等、わずか数ヶ所を数えるほどに減少しました。

 

心臓の湯とも称される炭酸泉は、各学会でも効果が科学的に認められ、

現在人工炭酸泉によって医療施設、介護施設、健康施設など幅広い施設で採用されています。

 

 

澱みのない結構は健やかさと美しさの源。

 

100j_02

これまで不可能とされてきた「重曹」と「クエン酸」のタブレット化という画期的な技術により、

炭酸ガスの働きに加え、炭酸イオンの働きを導くことに成功。

 「重曹」「クエン酸」「炭酸」トリプルパワーが、皮膚に近い毛細血管や細動脈まで届けられます。

 

まるで天然炭酸泉浴!という心地よさをご家庭で簡単にお楽しみいただけます♪