乳酸菌ばかりじゃない

どうして乳酸菌ばかりがもてはやされるの?

 

近年は健康ブームです。

このブームに乗って、乳酸菌を使った飲料やサプリメントが次から次へと開発されています。

 

%e4%b9%b3%e9%85%b8%e8%8f%8c%e3%81%a8%e5%b0%82%e9%96%80%e5%ae%b601

 

それはなぜでしょう?

 

実は新種の乳酸菌は大変作りやすく、前例があるので特許も非常に取りやすい・・・ということが理由の1つに挙げられます。

しかも、善玉菌の代表格と言われているので、イメージがとても良いのです。

 

また、もう1つの理由があります。

 

そのようにイメージが良いので、腸内細菌を研究する微生物専門の研究機関や先生にも乳酸菌飲料のメーカーから多額の研究費が出されています。

 

そうすると、その恩恵に報いるためには、先生方もとにかく、健康に良いとされている乳酸菌を見つけ出さなくてはなりません。

 

多くの研究者たちは、多様な細菌が腸内でさまざまな栄養を作っているという事はとっくに知っているのです。にも関わらず、そういう事を言わないのは、そのような背景があるのでしょう。

 

乳酸菌飲料がそれほどに良いものであれば、これほど乳酸菌食品が出回っているのですから、生活習慣病も癌ももう少し減ってもいいと思いませんか?

 

%e4%b9%b3%e9%85%b8%e8%8f%8c%e3%81%a8%e5%b0%82%e9%96%80%e5%ae%b602